お久しぶりです♪
前回のパウダースノウ以来の日記になってしまいました💧
もう11月になりますね!
気温も大分下がってきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて。

先日、受講していたアロマパルファニストコースの授業が
全て終了しました!

これで、あとは試験を残すのみとなりました。

長かったような、短かったような…。

2020年1月。
アロマパルファン検定2級を受講。
2月にアロマパルファン検定1級を受講。

アロマパルファンアドバンスコースが始まったのが5月。
アドバンスはステイホーム期間だったこともあり、
ほとんどがオンラインでの授業でした。
最後の1回だけ、何とか通学できて同期生と顔を合わせることができました。

アロマパルファニストコースが始まったのは7月。
オンラインでの授業もはさみつつ、
セッションのテーブルセッティングの道具を持って通学。

↑授業でのセッティング(カウンセリング時)

そして先日、授業の全日程が終了。

精油プロフィールが頭に入っていかなくてうまく提案できなかったのも、
もう過去の話。
自分に合った覚え方を見つけてからは感覚的に覚えられた。
そして、「この香りがこうなら、あの香りはどうなんだろう?」って
次から次に深めたい香りが思い浮かんできて、真剣に香りと向き合えた。

自分に合ったやり方を見つけるって、本当に大切。

何で精油プロフィールを覚えるのが苦手なんだろう?
どうして避けてしまうんだろう?
どうしたら楽しく取り組めるようになるんだろう?

それが分かるまでは、ほとんど手をつけなかった精油プロフィール。
結局、10月上旬まで手付かずでした(笑)

精油プロフィールを避けてしまう理由。
それは私が何かをマニアックに深く探求するのが苦手要素だから。
数秘でいうと7の要素なんだけどね。
私の中では、精油のプロフィール表を暗記する、という動作は
その7の要素を含んでいたんだよね。

じゃあ、そこから抜け出して取り組めるようになったきっかけは何だったのか。

それは、カルダモンか何かの香りを嗅いだ時に思い出したことがあったから。
その香りを嗅いで、
「フレーバーティーを飲んで目の前に情景が浮かんできた」時のことを思い出したんだよね。

香りを嗅いで、目の前に情景が描かれて。
それを言葉で表現するのが楽しかったな、ということ。
この時にはマリアージュフレールの満月を飲んで、
アラジンの情景が浮かんできたんだよね。

それと連動して、アロマフェアで奈月先生と話した時も
香りを嗅いで情景が浮かんで、それを言葉にしてたなっていうのも思い出した。

だから分かった。
私は「知識を詰め込むために机に向かうお勉強」が好きなんじゃなくて
「自分の感覚を言葉に落とし込む」ほうが得意なんだって。

そもそも、「香り」が好きで始めたことなんだから、
「香り」を使わないなんてナンセンスなんだよね(笑)
しかも、覚える必要があるからって
「学校の授業的なことを家でもやる」必要なんてどこにもなくて。

結果として自分の頭の中に入って腹に落とし込めるんだったら
わざわざ苦手なことにツラい思いして取り組む必要なんてない。

それが分かってから早かったなぁ…(笑)

お陰で最後の授業では、それまでよりもスムーズに
精油の提案ができたんじゃないかなぁと思う。

精油プロフィールに時間を割いた分、
進行の言葉がすっぽ抜けててそっちがスムーズじゃなかったけど(笑)

まぁ、何はともあれ授業が終わったので。
モニターさんを募集し始めようかなと思います。

シェアする!